マイルを稼いでいつかは世界一周

陸マイラーになりたくて

クレジットカード

ポイントサイトでクレジットカード発行案件を行うときの注意事項

投稿日:

カードを勧める女性 
ここ最近ポイントサイトでクレジットカード発行での高額案件が出てきています。
闇雲に申し込むのはよろしくないのでポイントサイトでクレジットカード発行案件をするときの注意事項をまとめておきます。
以前にも似たような記事を書いたので重複する箇所もありますが補足的に。

作りすぎない

クレジットカードを申し込むと信用情報機関「CIC」に記録が残ります。
このCICの記録はクレジットカードの発行会社が審査の際に確認を行います。
また発行だけでなく利用の履歴も記載されており、こちらも確認されます。
発行したのに全然使っていないというのは審査に対して印象が悪いことが考えられます。
管理しきれないほどの枚数を発行するのは自身の首を締めることになりますのでご注意を。
とくにポイント目当てではなく作りたいクレジットカードがあるような場合は多重申込になる前にそちらのカードを発行しておきましょう。

キャッシング枠は基本的に0にする

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つがあります。
ショッピング枠は買い物をするときにいくらまで利用できるかの枠で、キャッシング枠は直接お金を借りられる額を示します。
キャッシングは貸金業法の総量規制に該当し、借りられる金額は年収の1/3までに制限されています。
ポイントサイト経由での申し込みにおいてキャッシング枠の設定が必須な案件というものがあります。
これをクリアするために普段はキャッシング枠を設定せずに空けておきましょう。

審査に落ちた場合は期間を空ける

前述の通りクレジットカードを申し込むと記録が残りますが、審査に落ちて発行されなかった場合にはそれもバレバレです。
審査に落ちた履歴が残っているうちは他社でも落ちる可能性が高いです。
幸いなことに申込情報は6ヶ月でクリアされます。
審査に落ちた場合は半年間はおとなしくしておきましょう。

クレジットカード会社のキャンペーンも確認しよう

意外と忘れがちなのがクレジットカード会社のキャンペーンです。
ポイントサイトで付与されるポイントだけに満足するのではなく、クレジットカード会社のキャンペーンもしっかりチェックしましょう。
キャンペーンには楽に達成できるものからハードルの高いものまで様々ですが、お得になるものを見逃す手はありません。
直近ではダイナースクラブカードの発行がとくに目を引くものでした。

クレジットカードの発行会社を確認しましょう

多重申込に厳しい会社、既存に優しい会社など色々とあるようです。
ネット上の情報が主なので信憑性に欠けるところはありますが当たらずも遠からずという印象があります。
既存に優しい例として、三井住友カードは同社の発行するクレジットカードを所有していると、同社の別のクレジットカードの審査に通りやすい、イオンカードを所有していると別のイオンカードにも審査が通りやすい、など。
多重申込に関しては、三菱UFJニコスは直近(3ヶ月くらい?)で数枚の申込があると問答無用で審査落ち、など。
繰り返しになりますがあくまで印象です。
本人の属性が良ければあまり関係ない話だとも思います。

住宅ローンの申し込みを考えているなら注意深く

住宅ローンの審査においてもCICの情報は確認されます。
支払い情報に「A」や「P」(支払いの遅延)が並んでいたらよろしくないのは当然のこととして、やたらクレジットカードを発行しているとよくない印象を与える可能性もあります。
逆にしっかり支払いをしていれば良い印象を与える可能性もあります。
住宅ローンを申し込む各銀行の基準は中の人しかわかりませんが、悪い印象を与える可能性のあることはできるだけ控えましょう。
住宅ローンをすでに組んでいて滞りなく支払いを行なっている場合はクレジットカードの審査も通りやすいなんて話もありますが
どこまで本当なのかはわかりません。

まとめ

高額なポイント獲得につられてどんどん発行してしまいがちなクレジットカードですが、後々のことをしっかり考えて計画的に。
15枚のクレジットカードを所持している私が言えたものではありませんが…。

-クレジットカード

Copyright© 陸マイラーになりたくて , 2018 All Rights Reserved.