マイルを稼いでいつかは世界一周

陸マイラーになりたくて

旅行 海外旅行

2019 F1シンガポールGP観戦記

投稿日:

F1シンガポールGPを観戦してきました!
ここでは主に現地への到着から観戦状況を紹介します。

 

現地到着

金曜日の朝に福岡を出発し、15時頃にシンガポールチャンギ空港に到着。
予定到着時刻より少し早めでした。

入国審査、荷物受取、両替をすませてMRTへ。

今回はez-linkカードを買おうと思っていましたが、なぜかチケットオフィスが閉まっていたため隣にあった自動機でツーリストパスを購入しました。
改札横のパッセンジャーサービスでも買えたようですがそのときは頭が回りませんでした。
というか手元のメモには「Passenger serviceで購入」って書いてあったのに。

MRTを乗り継ぎホテルへ。

Googleマップのアプリではコースが表示されていました。

 

ホテルチェックイン

ホテルはMRTクラークキー駅(Clarke Quay)近くのチャンピオン ホテル シティです。

Homepage | Champion Hotel City

ただチャンギ空港からの乗り継ぎがよくないため少し離れたラッフルズプレイス駅(Raffles Place)から歩きました。

F1グランプリ期間中なのに、7,284円 / 泊 とかなり割安。
部屋は狭いし窓も無いけど。

チェックインして荷物を置いたら早速チケットを受け取りに。
購入時に現地受け取りを選択しました。

チケット購入時の記事はこちら

2019 F1シンガポールGPのチケットを購入

開催は9ヶ月ほど先ですがF1シンガポールGPのチケットを購入したのでそのお話。 購入はシンガポールGPの公式サイトから行いました。 FORMULA 1 SINGAPORE AIRLINES SINGA ...

続きを見る

 

チケット受け取り

チケットの受け取りはラッフルズシティコンベンションセンター(Raffles City Convention Centre)で、スイソテル・ザ スタンフォード(Swissotel The Stamford)の4Fにあります。
他にも受け取れる場所はあるようですがグランプリ期間中はここだけという話があったようななかったような気がするので購入時にここを選択していました。

MRTのシティーホール駅(City Hall)を出たら正面にある建物です。
が、そのまま中に入るとショッピングモールになっていてどこからコンベンションセンターに行けるのかわかりづらかったです。
冷房が効いていたのが救い。

コンベンションセンター側にはところどころで案内が出ていました。

受取窓口はいくつもあり順番はすぐに回ってきました。
チケットの受け取りに必要なのは
・運営元から届いたEメールを印刷したもの(9/9に届きました)
・パスポート
・購入時に利用したクレジットカード
です。

自分の場合、ここで罠が待っていました。
購入時と持参したクレジットカードの番号が合いません。
「あれ?違うカードだったかな?」と、別のクレジットカードを何枚か提示してみるものの全部違う。

「番号変わりましたか?」みたいなことを聞かれて思い出しました。
以前に不正利用があったため正に番号が変わっていたのです。

購入時の明細を見せればOKとのことだったため、クレジットカードのアプリで購入履歴をひたすら探して見つけ出し提示することで無事にチケットを受け取ることができました。
クレジットカードのアプリがなかったらどうなっていたのかは不明です。

ここまで長かった…。

受け取ったチケットです。

各日のチケットが入っていました。

 

いざサーキットへ

チケットを受け取ったら一番近いゲートであるGATE3Aへ。
ここではかなりしっかりした荷物検査があります。
少し大きめのリュックで深さがあったからなのかガッツリとチェックされました。

サーキットは4つのエリアに別れており、Zone1〜4まであります。
初日はZone4から観戦しました。

サーキットマップで緑の箇所がZone4、目のマークが付いているところが観戦ポイントです。

観戦ポイントはひな壇のような感じ。

このあと急激に人が増えてきましたがZone4はかなり人が多いです。
これはおそらくライブステージがいくつもあったりチケットの種類でZone4のみ入場可のものがあるからと思われます。

チケットの受け取りに時間がかかったこともありFP1は見られませんでしたが、サーキット内で夕飯をとりその後、FP2を観戦してこの日はホテルへ。

夕飯。

日本円で1,500円くらいだった記憶。
ビールはタイガービール、右のソースはめちゃ辛かった。

 

2日目:2019 F1シンガポールGP 予選

この日はGATE1から入場しZone1で観戦しました。
ここから入場すると公式グッズを販売する店や飲食店も多い感じ。

FP3はメインストレートの見える場所で、予選はターン22の手前のストレートで。
メインストレートはピットの出口付近でした。

すぐ後ろにはSUNSET STAGEが。

最終コーナー付近は広く見渡せるため人気。

私はその最終コーナーを越えてさらに先へ。

ターン22の手前のストレートですが地図上で目のマークが緑色のところにはシートもあり、目の前にはサーキットビジョンもあるため全体の様子も分かってオススメです。

右端の見切れている箇所にはシンガポールフライヤー。
昨年までは無料で乗れたようですが残念ながら今年は有料ということでシンガポールフライヤーには乗りませんでした。

なお、すごく良い場所ではありますが売店とトイレが遠いのがちょっとネック。
またこの辺りトイレの数も少ないです。

この日はGATE2を出てプロムナード駅(Promenade)から帰りました。

 

3日目:2019 F1シンガポールGP 決勝

ホテルをチェックアウト。
決勝前に先にチャンギ国際空港に行ってチェックインを済ませて荷物も預けてしまいました。
アーリーチェックインはチャンギ国際空港に6月にオープンしたジュエルにて。

決勝も前日と同様にZone1で、予選のときとほぼ同じ位置で観戦しました。
さすがに決勝日ともなるとけっこうな人でしたが、しっかりと座席を確保することはできました。

シンガポールGPではレース終了と同時に花火が上がります。

決勝レース終了後はコースが解放。
地図の右下あたり「SKY SUITE」と「TWENTY3」の間あたりが開かれ、そこからコースに入ることができました。
グランドスタンド前や1コーナー付近も開かれていたようですでに大勢の人が。

写真は表彰式が終わって少し落ち着いた状況です。

コース上にはタイヤカスがあり記念に拾ってる人がたくさんいました。

知らない人にとっては全く価値のないゴムのかたまり。
F1をはじめとするフォーミュラーカーはけっこうな勢いでタイヤを削りながら走っています。

ピットレーンもパシャリ。

 

帰宅の途へ

ひと通り観終わった後はMRTを利用してそのままチャンギ国際空港へ。
コース上でゆっくりしていたこともあってなのか全然混んでいませんでした。
終わった当日に慌ただしく帰ろうという人が少ないのかも。

改札を出てパッセンジャーサービスでツーリストパスを渡しデポジットの10$をもらいます。

チェックインは済ませてあるので、出国してラウンジへ。
シャワーを浴び軽く食事をし、仮眠を取って早朝の便にて帰路につきました。

旅行全体の様子やらはまたいずれ。。。

-旅行, 海外旅行

Copyright© 陸マイラーになりたくて , 2019 All Rights Reserved.